学習指導Teaching

学習指導の特徴

以下のファイルは、高志中学校の授業の特徴をまとめたものです。

高志中学校の学習指導の大きな特徴

授業時間数

平日の7限目や土曜日などにも授業を行い、数学、理科、英語を中心に通常の中学校課程に比べて3年間で350時間、授業の時間を増やします。これにより中学校3年で、高校の「数学Ⅰ」「数学A」「生物基礎」を学習する授業時間を生み出しています。また、高志高校では2年から文系クラスと理系クラスに分かれ、3年では共通科目の他に志望や進路に応じた選択科目を学習します。

高志中学校 一週間の授業時間数

時間割_中学校

※「英表」は「英語表記基礎」、「論基」は「論文基礎」のことです。いずれも学校設定教科です。
※通常の中学校過程に比べて以下の授業時間が多くなっています。
 1年:数学1時間、理科1時間、英語1時間 計3時間
 2年:数学2時間、英語1時間 計3時間
 3年:国語1時間、数学1時間、理科1時間、英語1時間 計4時間

高志高等学校 一週間の授業時間数

時間割_高等学校

※大学入試の制度変更、SSHやSGHの研究指定等により変わる場合があります。
※高校の各教科の中には現代文、古典、物理、化学、生物などの科目があります。

高志中学校独自の教科 英語表現基礎

中学1年から3年まで毎週1時間、外国人教諭による授業「英語表現基礎」を行います。オールイングリッシュで授業を行い、書くことや話すことに重点を置き、与えられたテーマについて自分の意見を伝えられる英語力を育てます。

英語表現基礎01

英語表現基礎02

土曜活用

土曜日を活用して通常の授業とは異なる学習を行います。
特別講師(県外の中高一貫教育校で指導実績のある先生)を招き、高校で習う内容など、さまざまな授業を予定しています。

土曜活用01

土曜活用02

土曜活用03

土曜活用04

時間割_中学校

教科書

高志中学校では、以下の教科書を使います。
教科書の他に、数学、英語では中高一貫校用の専用テキスト等を活用します。国語では、古典の多読用に自作テキストを活用します。