校長あいさつMessage

校長あいさつ

福井県立高志中学校は、高志高等学校との併設型中高一貫教育校として平成27年4月に開校したばかりの新しい学校です。5歳差のある生徒たちが同じ校舎で学び、同じ校訓、校章のもとに集い、同じ校歌で心を一つにしています。

 

この春の新入生の入学により1~3年生の計9クラスがすべて揃い、勉強に部活動に、大きな力を発揮できる体制が整いました。生徒一人ひとりが、新しい知や人々との出会いを重ね、将来の夢の実現に向かって着実に歩んでいけるよう、中学校と高校のスタッフ100名が一丸となって、6年間を通して、子どもたちが志す進路の実現をサポートすることにしています。

 

本校が行う中高一貫教育には、大きく2つの特徴があります。

 

一つは、中学校で学ぶ内容に関連した高校の学習内容をあわせて、効率的に学習できることです。例えば数学では、中学校で学ぶ「方程式」と高校で学ぶ「不等式」を関連付けて一緒に学習したりします。このような高校での学びを意識した効率的な学習に加えて、7限目の活用などにより、通常の中学校課程に比べ3年間で350時間の授業時間を増やし、数学や理科などでは高校1年生が学ぶ内容を中学校修了までに学習します。

 

二つ目の特徴は、高校入試による選抜を経ずに高志高等学校へ進学できることです。これまで高校入試対策に使ってきた時間を、より幅の広い活動、よりレベルの高い学習に充てていきます。中学校修了時に自分の考えを論文にまとめたり、英語で議論できるような表現力を修得するための本校独自の科目を用意しています。部活動も中学3年生で中断せずに続けることができ、高校生と一緒の活動を通して、豊かな社会性と人間性を育むことができます。

 

また、ふるさと福井について学ぶ「高志学」も本校の特徴の一つです。国内にとどまらず海外も含めた社会の動き、さらに歴史の流れの中で、現在の福井の置かれている状況を鳥瞰的に捉え、課題を見つけ出し、その解決策を考え、福井の希望につなげていきます。グローバル社会と言われる広く開かれた社会において、世界の人々に対して福井を語ることができ、また、福井を足場に世界で活躍しつつ、ふるさとを思い、地域社会を担ってくれる人づくりを目指します。

 

高志中学校は、生徒一人ひとりが、自分で考え自分で行動できる力、高い学力、世界に通用する語学力や国際感覚をしっかりと身につけ、活躍するフィールドが福井に限らず国内外どこであっても、未来を切り拓き新しい時代を築くイノベーターとして活躍しうる人材となるよう、全力で応援します。

 

校長 山川 満寛

Profileプロフィール

昭和39年6月生まれ、昭和58年3月高志高校卒業
昭和63年4月福井県庁採用、生涯学習・文化財課や政策推進課などを経て、平成29年4月から現職

Messageメッセージ