SSH / SGH / 授業改善の取り組みSSH / SGH / Class Improvement

統計学研修を実施しました(KoA-R・Ⅰ/S・Ⅰ)。

11月5日(金)に、これから課題研究に本格的に取り組み始める1年生全員を対象として、滋賀大学データサイエンス教育研究センターの西尾治幾先生を講師に統計学研修を実施しました(リモート開催)。研修では、課題研究に客観性をもたせるために必要な統計学の基礎について、下記のメニューで、とてもわかり易く教えていただきました。

  1. 研究の計画

研究テーマを決めよう

具体的な計画を練ろう

  1. 研究の実行

サンプリングとは

必ず反復を取ろう

なるべく全体を代表するように

  1. データの分析

確率分布を考える

2群の差の検定(t検定)

線形回帰

相関解析

実際にやってみよう!

一覧に戻る